Site logo
Site logo
myExtraContent1
myExtraContent5

壺猫

Site logo

天皇即位 もっと言いたいことがある

豪雨が気がかりで、何日か前の天皇家のことを書き残しました。
腹立たしい行いを知るに及び、怒りが収まらない。この怒りは、何に向けられた怒りでしょうか? それとも見当はずれの怒りでしょうか。
怒りの矛先は、詳細に報道された「饗宴の儀」の料理のメニュー、10月22日の内容を知るに及び、その中に含まれていた食材のひとつに向いています。
「饗宴の儀」は、国内外から広く賓客を招いた、天皇陛下即位祝賀の大宴でした。豪華で立派なお料理の何が気に障ったのか、説明します。
献立の中の温物として茶碗蒸がありました。この内容が、フカヒレ、マイタケ、ミツバ。
私の怒りは、フカヒレに向いています。
世界中の大切なお客様の前に、シャークのヒレを「ごちそう」として出したのです。
シャーク ショックに絶句した人がいなかった、と思いますか?

残酷なサメ殺しを見聞きして、眉をひそめていた人々が、日本第1級の宴のご馳走として、サメを食べる羽目になった。
私は食べた、と帰国して土産話をするでしょうか。とても食べる気持ちになりませんでした、と声を落とすでしょうか。
世界中に珍味はあり、それは結構なことですが、世界中が真剣に自然保護を考えている今現在、クジラ、イルカ、サメなどを食材とするありようは、慎重に、深い思慮を持って繊細な神経で向き合わなければならないと考えています。

カナダ・トロント生まれの映画製作者・環境活動家のロブ・スチュアート(Rob Stewart)制作のドキュメンタリー映画「シャークウォーター 神秘なる海の世界」(Sharkwater and Revolution 2006年公開)は、彼の代表作で、しかも世界中で評判になりました。
これはサメの持つ負のイメージを抜け出して、サメの美しさと魅力を伝えようとした海洋ドキュメンタリーです。
彼は世界中のサメを撮影してゆく中で、産業化しているフカヒレ・ビジネスに出会います。
しかも、このビジネスによってサメが既に危機的状況に追い込まれている現実を見たとき、美しい映像を求める当初の目的は環境保護へ視点を移し、マフィアも絡む危険な取材へハンドルを切ったのでした。
劇的な制作意図の変化は話題を呼んで、ついに「フカヒレ使用禁止運動」が起こるまでになった、この有様を日本の人々も知っていたはずです。
続編撮影のためにフロリダでスキューバダイビング中に、37歳のロブが亡くなったことが、さらに注目度を高めていた、この矢先の「フカヒレ茶碗蒸」です。

返す返すも、残念な食材の選択でした。誰が選んだにせよ罪は宴の主にあります。
しかも彼は、水に対して深く関心を寄せている人物と、内外に知られています。
こういうポカをやるんなら、天皇も象徴も降板してよね! 日本の恥じゃないのさ!
myExtraContent7
myExtraContent8