Site logo
Site logo
myExtraContent1
myExtraContent5

壺猫

Site logo

高齢者の務め その4

今年(2019年)4月、自転車で横断歩道を渡っていた母娘が車にひかれて亡くなり、9人の負傷者を出した、あの東京・池袋の暴走死傷事件で、運転していた男が11月12日になって過失運転致死傷の疑いで書類送検された。
本来なら逮捕されているのではないか、と不審に思われ、なぜ被疑者とせずに本名と肩書きが公表されているのか、と疑問を持たれ、通常の事故とは異なる対応が目立つ事件だ。
家族を2人、一瞬にして失った遺族が、厳罰を求める署名活動を行ったこともある、これは短期間のうちに39万人分の著名を東京地方検察庁に提出している。

交通事故は、馬車の時代から続いてきた。無念極まりない悲劇だが事実だ。桁違いの規模の航空事故もある。
が、この事件に注目が集まり、犠牲者と遺族に対する同情の念と並んで、加害者に対する大きな怒りが収まらない有様は、通常とは異なる要素が含まれているためではないだろうか。
大勢の人々から沸き起こる怒りの感情は加害者の反応に対するもので、この怒りは健全さの表れだと思う。
加害者の何に対して怒っているか。予約したレストランへ向かうために車を急がせていたという。
この事実は、半年も経った頃になってようやく白状したものだが、これは実は、どうでも良いことだ、気持ちが急いていたために起こす事故は多い。
このことよりも、事故直後に彼がとった行動は、筆舌に尽くしがたいものがあった。
報道によれば、彼は事故発生直後、即、自宅の電話番号を取り替えている。保険会社その他関係方面へ連絡、事故現場にはダークスーツの男性が数人以上、素早く駆けつけて対処行動をとりつつある情景が報道された。
こうした姿は映像に記録されてしまうから、口先で否定しても役に立たないのだが、この男は口先を用いて生きてきた経験則から、すべてをのらりくらりと言い逃れを試みている有様までが報道された。
考えてもみてほしい。
事故った直後に事故の重大性を認識、その上で被害者への行動を一切とることなく、自分の息子に電話連絡をして身の保全を図ったのである。
医師から膝の故障を指摘され、運転を控えるよう指摘されていたことも判明した。しかし当初の供述は、ブレーキが効かなかった、というものだった。
その後、ブレーキについての検証、ドライブレコーダーの記録の分析などがなされた結果、ブレーキとアクセルの踏み間違えが事故原因だと判明、断定された。
この男は、それでもまだ車のせいにして、「パニックになってアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性もある」などと逃げ回ることを諦めない。決して認める発言をしないという。
警視庁は書類送検にあたり、この男が容疑を認めているかを明らかにしていないことからも、まだ逃げ回る気持ちを持ち続けているのではないかと思われる。自分の口から認めたと言わないことが有利に働くという計算か。
自分が殺してしまった若い母と娘に対しての気持ちが、欠片ほども現れていない犯人の挨拶言葉が発表された。しかも将来の車の性能がもっと良くなるようにと注文まで付け加えている。

言葉とは、なんと正直なものだろう。どこからか拾ってきたお悔やみの言葉を並べても、それはプリントされた無機質な文字であり、一文字として生きてはいない、そのことがわかってしまうのが健全な心なのだ。
だから、この男の言動すべてが火に油を注いでいる。
現場検証に立ち会う男の姿には、弱々しい老人の姿をいかに増幅してみせようかと努力している様がまざまざと見えている。若い者は、この姿に騙されるかもしれないが、同年輩の目はごまかすことはできない。
彼は有利になるようにと装っていた。不必要な長期入院生活の挙句の、芝居がかった物腰。唾棄すべき態度だ。

一所懸命に生きている高齢者の務めとして、この件をどのように考えようか。
残念ながら高齢の人々の発言手段は前世紀の段階で足踏みをしている。新聞社の投書欄にハガキ投書を試みるのが精いっぱいだ。アップするなんて、なかなか。炎上しても、その場に行かれない。
たいては夕食の時に、誰彼が喋り終わった後に、ぽつりと呟く程度が精いっぱい。
ああ。夕食の時に誰彼が、テーブルにいる? ここでもまた、いない、いない、というつぶやきが聞こえる。
沈黙の高齢者は、沈黙しているから中身がないのではない、内蔵している高齢者ならではの視点と感覚を、なんとかして世に出したい。
myExtraContent7
myExtraContent8