Site logo
Site logo
myExtraContent1
myExtraContent5

壺猫

Site logo

あの時と同じか?

安全保障法制関連法案、いわゆる安保法案の採決が行われようとしている。瀬戸内寂聴さんは、戦争前夜のときとそっくり。黙っていられないと声を上げられた。あのころを身体で知っている世代はいま、80代の半ば以上である。総理大臣も並み居る閣僚も、あの頃を知らないのである。知らない空襲、経験したこともない戦争である。もうすぐ80才の私だって、知っているとは言えやしない。子どもの背丈から見上げていた戦争、空襲、そして戦争前夜だったのだ。そのころ以来、私は精神を呪縛されて、容易なことでは呪縛から解き放たれることなく今日まできた。もっとも恐ろしいのは言論統制だった。そんなことを言うと憲兵が。そんなことを言ったら特高が。この呪縛は、ほとんど解けることがないように感じられてきたが、いま、強行採決を目前にして、有名無名の多数の日本人が、堂々と発言している声を聞いて、私は深く感動している。国民の側は、いつのまにか、そっくりじゃなくなっていた。
そっくりなのは、安倍首相とその周辺の政治家たちだ。現代に、現実に呼吸しているのか? と尋ねたくなるくらいに、大東亜戦争を起こした政治家と軍部そっくりだ。変わらない強引さと、突き進みたい欲望の強さを露わにしている。時代は進んでゆく。もしも日本に徴兵制を持ち込もうとしても、あっけらかんと断る一般人が続出するだろう。嫌なものはイヤだ、と大声で言える国民が育ってきている。勇気と希望を持って発言しよう。日本の将来を救うのは、一般人だ。
myExtraContent7
myExtraContent8