Site logo
Site logo
myExtraContent1
myExtraContent5

Site logo

井上円了

井上円了』副題=「哲学する心」の軌跡とこれから 編集=講談社 発行=講談社 2019年 ムック 125 210X280mm ¥900 ISBN9784065169305
内容=東洋大学の創立者・井上円了を改めて認識する多角的な紹介書。125頁のうち83頁を費やし『水木しげる漫画大全集』所蔵の長編作品「不思議庵主 井上円了」を完全収録している。
哲学堂(中野区立哲学堂公園)など、ゆかりの地などを多数紹介。

安政五年(1885)に、お寺の子として生まれた円了は、明治維新の文明開化の波に乗って洋楽を学び、東京大学の哲学科に進み、一生を通じて迷信の打破に努めた。
「考え方の模範として人々に示したのが妖怪学」という三浦節夫(東洋大学教授)
「民衆の間にも、合理的に判断しようとする気運が生まれていった」という湯本豪一(民俗学者・妖怪研究家)
AI時代を生き抜くヒントが一杯ある」という吉田善一(円了研究センター長)
「オカルトを排するためにこそ、彼は議論をしていた」という鈴木 泉(東京大学大学院人文社会系教授)
などの対談が興味深い。

円了は、鬼門を恐れて避ける風潮や、四という数字は死につながり不吉だ、などの迷信を否定するために、東洋大学の前身である哲学館の電話番号を、売れ残っていた444にして見せた。また、わざわざ鬼門に便所を作ったが、このエピソードは水木の作中にも描かれている。円了は、いわゆる「こっくりさん」の不思議を科学的に解明したことでも知られている。
「不思議庵主 井上円了」は、円了の一生を描いているが、作中水木しげるは時おり「(円了は)僕と対極にあるんだ」と述懐している。
迷信としてお化けを否定し、科学的、合理的思考の推進に努めるための妖怪研究であったのが円了。
日本だけではない、地球上のいたるところに妖怪類は現に存在するのだ、という確信と愛を持って妖怪の研究に励んだのが水木しげるだから、まさに対極に位置していた。
水木しげるの長編「不思議庵主 井上円了」は、非常に優れた円了伝。
myExtraContent7
myExtraContent8