Site logo
Site logo
myExtraContent1
myExtraContent5

Site logo

Black Box

『Black Box』ブラックボックス 著者=伊藤詩織 いとうしおり 発行=文芸春秋社 2017年 Kindle版 ¥1400 ISBN9784163907826
著者=1989年生まれ フリーランス ジャーナリスト。
内容=ノンフィクション 就職の相談をしていた信頼する人物から思いもよらぬ被害を受ける。飲物に薬物を混入され、体は動かせるが意識を失う状態に陥った上での強姦だった。この事実を司法の手に渡そうと努力する前に立ちはだかる壁は厚く、あらゆるところにブラックボックスがあった。
感想=
心を鎮めて冷静に記そう、と精一杯の努力をしている跡が見える。よく、ここまで客観的に、とくに自分をかばおうとせずに、ありのままを書き通せたと思う。
彼女がジャーナリストであり、観察眼と表現力を持っていたことが力となって本書ができたが、根本に強い正義感と強靭な精神があるからにちがいない。
泣き寝入りをし、あるいは自殺にまで追い詰められる被害者たち、同情どころか卑猥な目で見られる被害者たちが、今まで世界中に数知れずいたのだ。
詩織さんの心と視線は、こうした被害者たちの気持ちを背負い、未来へ向けられている、と強く感じた。
レイプ被害にあった時、町の婦人科へ行ってはいけない。なぜか。その訳を丁寧に説明してくれる詩織さんは愛に満ちている。弱き者たちを守ろうとしている。初耳の新知識がたくさん記されている。誰もが覚えておくと良いことがらだ。

レディ・ガガは19歳の時にレイプ被害に遭い、7年間、誰にも話せなかったというエピソードが書かれている。知らなかった。ガガさんが、そののち歌った歌のことも記されている。
折しもハリウッドで有名プロデユーサーのセクハラが表沙汰になっている。Me Too という運動も盛んになっている。これらは今まで黙って耐えてきた女たちの勇気ある発言によるものだ。
詩織さんは、個人の問題だけではない、世界を視野に入れてBlack Box の蓋を開けようとしている。
歪んだ見方を排除し、卑劣な犯人の名前を記憶することをもってBlack Box をEmpty Box にしましょう。
この本を買い、レビューを書く理由は、内容を知り、理解することと同時に著者、編集者、出版社、そしてここまで来る間に詩織さんをかばい、理解し、サポートしてきた方々への応援の気持ちからです。勇気を持って立ち上がった著者を応援したい。この勇気はなかなか出るものではないからだ。現に家族からも思いとどまるように説得されたという。
昨日のこと、フランスの女優、ブリジット・バルドーが、この件に関してコメントを発表していた。BBは1950年代の大人気映画女優。セクシー美人だったが引退後は動物愛護に尽力してきた人。BBの意見は、業界では私欲のために業界の男性と性交渉を持つ女性を数多見てきた、という内容だった。
実際、「女性」を武器に世を渡ろうとしている人がいるし、恋愛との境界線は限りなく曖昧なのだろうと思う。
昔、有吉佐和子という作家が書いていたのを鮮やかに思い出せるのだが、彼女の持論は、女は絶対強姦されない、というものだった。嫌だと言ったら最後まで拒否するし、拒否してみせると彼女は主張した。彼女が未婚時代に描いたものだったと思う、そして読んだ私は完全に同意したのだった。なんでおめおめと、と思った。反撃したら良いじゃないかとも思った。有吉さんは私より年上の才女と呼ばれる人気作家だったから、同感しつつ心強く感じたものだ。
しかし、80年以上生きてきた今、私は全面撤回する。反撃すりゃあ、良いじゃないか。嫌なら嫌と断れば良いじゃないか。そんな問題ではないことは、今は中学生だって熟知しているはずだ。沖縄の少女が強姦されて殺された事件は、ついこのあいだのことだ。横田めぐみさんの問題も、関係ないと言えるか。拉致されて北朝鮮の男と結婚させられたとは! この苦悩は政治屋以外のすべての国民が共有している。こういう事柄をブラックボックスに入れられてたまるか。
本書のタイトルにあるブラックボックスとは、いったい誰がこしらえたボックスだろう? 私が危惧し、警戒することは、このブラックボックスがいつの間にかタイムボックスに入れこまれることだ。ほら、あるでしょう、箱の中にすっぽり収まる大きさの箱があり、またその中に箱がある。
開かずの箱に入れて、さらに時の箱に閉じ込めてしまったら。これを阻止するのは、一人ひとりのハートにかかっています、力を合わせましょう。
myExtraContent7
myExtraContent8