Site logo
Site logo
myExtraContent1
myExtraContent5

Site logo

報道の責任

朝日新聞が慰安婦問題について、長い間報道を続けてきた、その内容について、事実関係に誤りがあった、と白状した。「虚偽であったと判断し、記事を取り消す」という。「裏付け取材が不十分だった」という。いわゆる「慰安婦問題」は、この朝日新聞の記事が発端だった。万死に値する行いだ。
石破幹事長が「非常な驚きを持って受け止めている。
裏付けの取れない記事を、なぜ今日まで正しいとしてきたのか。多くの人々がこの報道を前提に、いろいろ議論してきた。取り消された報道に基づいて生じた関係の悪化、怒りや悲しみや苦しみを氷解させるために必要なら、議会がその責任を果たすのはあり得ることだ」と語ったというが、その通りだと思う。推測だが、朝日新聞は自発的に白状したとは思えない。この問題の土台に信憑性がないことを、あらゆる言い方で、多くの言論人が書いてきた、切羽詰まったに違いない。あの、珊瑚事件(自ら珊瑚に傷をつけ、あたかも悪者がやったことを朝日の記者が発見したかのように報道した)以来、いやそれ以前からだろう、朝日の根性は腐りきっており、自浄作用はなかった。天声人語などと洒落臭いことを述べ立てて反省の気配もない。この際、言い訳は聞きたくもない。店を畳んでくれ。
0 Comments
myExtraContent7
myExtraContent8