Site logo
Site logo
myExtraContent1
myExtraContent5

雨台風

鬼怒川が決壊して濁流が住宅地に押し寄せた。その有様をつぶさに報道する映像に言葉もない。いままで見たこともなかった特別警戒が出た。
今朝は久しぶりに日がでたけれど、北上する台風の行く手は今日も明日も大雨警報だ。
福島はどうなのか。浜通りの天気を見ると、真っ赤ッ赤、大雨警報、洪水警報だ。一般住宅だけではない、ここにある福島第一原発の現場はどういう情況なのか。
濁流を流れる流木に乗って流されるタヌキを報道するTV。報道力を持っているのに、NHKも民放も、原発の現場については、ひとかけらの報道もない。私が見逃しているのかもしれないが。雨台風なのだ、想像を絶する雨量なのだ。その影響を思う。なぜ、真っ先に、繰り返し取材しないのだろう?
提供された情報を受けるだけではなく、なぜ提供されないのかを考えなければならない時代なのだとつくづく思い、政府とメディアに対する警戒心が増す。報道しないのは、あまりにも不自然だ。いちばん心配している事柄なのだから。意図的に沈黙しているのではないか。
と、ひとりで苛つくけれども、もともとメディアというものは、報道したいことだけを報道するのだし、受ける側も、知りたいことを報道してくれれば満足なのだから、双方満足な状態なのかもしれない。私だけが違う価値観で、ひとりぼっちなんだろう。
0 Comments
myExtraContent7
myExtraContent8