Site logo
Site logo
myExtraContent1
myExtraContent5

線香花火大会

昨夜は夢類の工房で線香花火大会を開催した。これは大げさな表現であって、ほんの4人が夕食に集まってくれた、食後の花火だった。年齢が年齢なのでドタキャンが二人も出たが、一同、動じない。またやればいいわよ、である。
夜更けとはいかないが、夕食後の8時すぎになって始めた線香花火は室内で、だった。庭で催したいが、頼みのトンボは寝ているらしく蚊がいるのだ。おまけに多少風も吹くので室内となった。
電灯を消し、大きめの水盤に水を張り、その上での花火である。
話はここからで、用意した線香花火は2種類あり、ひとつは従来のもので束になって売られている馴染みの線香花火。もう一つが大会の目玉ともいうべき線香花火で、これは立派な箱入りであります。
この線香花火は、この日のために花火専門店で求めてきた「牡丹桜」という名の線香花火で、皆の前で封を切った。私も初めて手に入れたものであるから、さあ、どんな花火なのか全員が見守るという次第だった。
まずは普通のをやってから、と相談がまとまり、見慣れた線香花火が花開いた。水盤の上なので水に映り、倍の輝き。何年ぶりかしらねえ、と一同ため息。
さて、箱から取り出した逸品は、普通のものが1束¥000であるのに比べて、1箱¥0000と桁が違う。が、みかけは細い。箱には「日本煙火協会」の「規格証」が付いている。それによると薬量 約0.1g(1本あたり)ということだ。
息を詰めて見守る花火は、かすかな炸裂音を立てて花開いた。直径数センチの花、2、3センチの花、これが次々に開いてゆくのだが、中心から15センチは離れたところで開く。普通の花火は火の玉の周りで花火になるから、ここが大きく違うところか。
最後の火の玉が枝垂れ桜のように、柳の葉のように、流れ落ちるところまで、息を詰めて見守った。箱の中には全部で20本。一人が4回。束の間の花の宴だった。
0 Comments
myExtraContent7
myExtraContent8