Site logo
Site logo
myExtraContent1
myExtraContent5

ノーベル賞発表

昨日、10日の宵にノーベル文学賞の発表があるというのでテレビをつけていた。前日の19時前後に化学賞の発表があった時に速報のテロップが流れたので、10日もテロップが出るでしょうと期待したのだった。
が、なかったのでネットニュースを見たら既に発表されていた。
なぜ化学賞と文学賞では
報道の扱いが違ったのか。それは日本人の受賞の有無にあるのではないか? 文学賞は他国の人物であったのでニュース性がなかったということではないのか。

では、化学賞のニュースを新聞社がどのように伝えたか。以下は受賞第一報を伝えた各紙のサイトを観察したものである。
読売新聞=
リチウムイオン電池を開発した旭化成の吉野彰・名誉フェロー(71)ら3人に授与すると発表した。
日本経済新聞=旭化成の吉野彰名誉フェローに。
東京新聞=旭化成名誉フェローで名城大学教授の吉野彰氏(71)ら3氏に授与すると発表した。
毎日新聞=旭化成の吉野彰名誉フェロー(71)▽米テキサス大のジョン・グッドイナフ教授(97)▽米ニューヨーク州立大ビンガムトン校のスタンレー・ウィッチンガム教授ーの3氏に授与すると発表した。
朝日新聞=リチウムイオン電池の開発で、旭化成名誉フェローの吉野彰(あきら)氏(71)や英オックスフォード大教授だったジョン・グッドイナフ氏(97)らに贈ると発表した。
産経新聞=リチウムイオン電池を発明した旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)ら3氏に授与すると発表した。他の受賞者は米テキサス大のジョン・グッドイナフ教授(97)、
米ニューヨーク州立大ビンガムトン校特別栄誉教授のスタンリー・ウィッティンガム氏(77)。
CNN=
リチウムイオン電池を開発した業績により、米テキサス大学オースティン校のジョン・グッドイナフ教授、米ニューヨーク州立大学ビンガムトン校のマイケル・スタンリー・ウィッティンガム教授、旭化成の吉野彰・名誉フェローの3氏が受賞した。
ロイター=スマートフォンなどに使用されているリチウムイオン電池を開発したとして、旭化成の吉野彰氏ら3人に授与すると発表した。3氏の並ぶ写真(撮影者著名入り)にキャプションとして3氏を紹介している。
ニューヨークタイムズ=社会面ではなくScience面で報道。
John B. Goodenough, M. Stanley Whittingham and Akira Yoshino were recognized for research that has “laid the foundation of a wireless, fossil fuel-free society.”

科学欄で紹介したNYタイムズは見識のある落ち着いた態度だ。
驚いたことは産経新聞が、きちんと3氏の名を挙げていること。政治的な報道となると、それなりの色がある新聞だが、しっかりとした人物が存在することがわかる。
もう一つは朝日新聞で、中途半端な内容、肩書きも妙な具合になっていることに暗澹とした。重ねて言うが第一報である。下準備と即応性が問われる。ひずみが露呈する場面。

日本だけを見ている日本の各新聞。ということは日本だけを見つめ、日本が勝ったり、受賞したりすると手を叩いて大喜びする読者が満足するように書いているのだろう。
きっと、オリンピックでも同様の醜態が、醜態とも感じることなく演じられるのではないか。逃げ出したい心境。
日本は成人ではない。万年ガキで、成長しない。
政治を司る人々も、報道に携わる人々も、それぞれ自分たちの立場や身の上のことばかり考えて、国民の成長、進歩を促すような行動をとらない。
欲しいものを欲しいと言って騒ぎ立てるガキ国民は、自分自身を自分が育てることを思わない、だから万年ガキです。
0 Comments
myExtraContent7
myExtraContent8