Site logo
Site logo
myExtraContent1
myExtraContent5

強いお相撲さん

幾つになっても、何を見ても勉強になる。お相撲を見て楽しみながら勉強もできた。立ち合いの変化、かち上げ。このような奇襲作戦は、小兵が用いて巨体を倒せば喝采を浴びるが、横綱が用いる手ではないと聞く。相手が手強いとみた横綱が奇襲作戦に出て勝星を手にしたとき、失ったものは無限大だ。この一戦で横綱が露呈したのは精神の弱さだからだ。これでは強いお相撲さんとは呼べない。
また、単なる弱さと読むか、汚さと読むか、見方は様々だろうが、精神面を併せ見るところに相撲の特徴がある。
そして観客もまた、それぞれの価値観を露呈するのである。だって、どうしても勝ちたかったんだから、しょうがないじゃない。と感想を述べる観客は、たぶん、実生活でもそういう態度をするだろう。真正面からぶつかって四つに組んで欲しかった、と怒る観客は、さあ、どうする? といった実生活の決定の場面にぶつかったとき、やはり堂々としようとするだろう。お相撲は、遠く離れた世界の華勝負、観客の感想は、身のうちの価値観の確かめか。
0 Comments
myExtraContent7
myExtraContent8