Site logo
Site logo
myExtraContent1
myExtraContent5

Site logo

10月23日に

知性欠如、良心不在、下卑た人格で人事権を武器に策略を弄する男が、再び国政を私物化することに決まった。
今回、沖縄県民が選んだ面々を見てください。県民の365日が凝縮した票に実体を感じた。新潟県も頑張っている様子が普段から伝わってくる。

それにひきかえ、なんと恥ずかしい神奈川県民であることか。
金銭授受疑惑で辞任した厚木の甘利明は、睡眠障害と申し立てて隠れていたが当選した。
郵政民営化でアメリカに日本の貯金を渡してしまった国賊の息子の、どこが取り柄でダントツ当選させたのか。
県内には厚木海軍飛行場、相模総合補給廠、キャンプ座間がある。これらのアメリカ軍事基地は、我が家の中に、家の人間が入れない部屋があるということだ。
おまけに北朝鮮が騒ぎ立てれば、軍用機が頭の上を飛び回る。艦載機の轟音を、単に轟音と聞いているのか。
こういう、環境にいながら、こういう、バカバカしい投票をしているのが、神奈川県民だ。

東京には、ものを言う気力も失せた。だいたい、地方出の腰掛け人種がほとんどで、田舎者ほどお洒落をしたり流行のものに染まり東京面をしているが、
彼らは東京を仕事場、使い捨ての場と心得ており、愛着もなければ礼節の持ち合わせもない。
田舎にいるときから礼節のれの字も知らないのだから持ちようもなかろうが、軽蔑の視線は感じないらしい。
わけもわからん輩が芸能人の人気投票との区別も知らずに投票している有様。
根拠のある情報をもとに勉強しよう、裁判官の、それぞれの判決を読んでみよう、と思い立つ人がいるだろうか? 
生まれがどこか、で選別しているのではない、内容が問題なので、特に長い物には巻かれろ式の思想を持つ奴が大嫌いだ。

友人に、本気で日本の行く末を案じている人がいる。
地方の人で、女学生の時に工場で勤労奉仕をしていた世代の人だ。
その娘さんが言ったそうだ、
「お母さんは、もう自分の老後だけを考えればいい! 日本の国がどうこう思う必要はない」。
この友人は、神社本庁という組織について疑問を持ち、問題提起を続けている。
娘さんに反対することになるが、友人を応援している。

神社本庁(日本会議)という組織は、7700万人を擁する宗教組織で、自民党と密接につながっていること、
創価学会は827万世帯を抱えて、選挙の時は総動員で公明党のために働いていること。
宗教と政治が近づいてはいけない。
今の日本の様相は、卑弥呼統治時代と比べてどうなのよ、と思うのですが。
0 Comments
myExtraContent7
myExtraContent8