Site logo
Site logo
myExtraContent1
myExtraContent5

スノーボード

オリンピックが始まって、何日経っても成果があがらずにいた。それが十代の少年たちが一挙にスノーボードのハーフパイプで脚光を浴びている。毎日、どこかで空中に躍り上がる姿を繰り返している。こんなのは、板切れに乗っかって遊ぶ子供だましだったじゃないか、と慨嘆する大人もいるが、オリンピックも企業も、将来を見越して受け入れている。この競技を見るだけの私みたいな立場のものも、引き込まれて見るのは、撮影の技術の発達が大きいと思う。あの高さからの眺めを撮影してくれる。空中回転している選手は、こんなふうに見えているんだ、と驚いてしまう。いままでになかった光景が広がっている。一昨年のいまごろ、越後湯沢の岩原スキー場へ行った。スキーのレンタルショップで、おしゃべりをしてストーブにあたっていたとき、店に入ってくる若者たちが借りてゆくのは、ほとんどボードだった。そのことを思い出した。オリンピックの演出も時代が変わった。大画面にボードの選手の顔が映し出され、ニックネームも出る。これも見ていて楽しい。
0 Comments
myExtraContent7
myExtraContent8