Site logo
Site logo
myExtraContent1
myExtraContent5

大粒の雪

東京界隈で雪が降った。ほんの少しだったが、北側に面した玄関回りは今日も溶けずに残っている。明後日も雪らしい。入試の子たちが思いやられる。ところでNHKのニュースの時、アナウンサーが大粒の雪、と言った。私はびっくりして、大粒の雨とは言うが、雪には使わない、と思いながら見ていたら、小粒の雪とも言った。雪片という。雪の、ひとひらが舞い落ちてきた、と言えば文学的になってしまうが、どうあっても粒ではない。ぼたん雪が粉雪に変わった、と言う風に言い慣わしてきたのだ。大きな雪片は牡丹雪、粉雪になると、こりゃあ、積もるぞ、と言い交わしたりしたのだ。
0 Comments
myExtraContent7
myExtraContent8